LIFE mind

考えて行動できる子供の育て方【目線を合わせよう】

■こんな方におすすめ

悩んでいる人
いくら言っても宿題や翌日の準備をしない。言わないと遊んでばかり。こどもには自分で考えて行動できるようになってほしい。こどもの将来が心配。

 

こういったお悩みに答えます。

 

✔︎本記事の内容

■自分の頭で考えて行動しなさい【この言葉で怒っているひとは要注意】
■自分で考えて宿題ができるようになる方法
■まとめ(子育てが楽しくなる)

 

この記事を書いている私は前職でこどもが年間に数十万人くる施設で仕事し、今はフリーランスとして奥さんと4人の子供達と生活をしています。

 

沢山のこどもと接する中で保護者の方がブチギレているのをみて、そんなに怒らなくても良いのにと思う事がありましたが、実際に子育てをしていると正直ストレスはかなり溜まります。

 

言うことは聞かないわ、部屋は汚すわ、宿題はしないわ、人がしている事を邪魔するわ。言い出すとキリがないですが

 

とくにイライラしてしまうのは、こどもが自分で言ったことを守らないこと。

 

宿題をやるといったのにやらない。片付けるといったのに片付けない。お手伝いすると言ったのに手伝わない。

 

なら、宿題しないとゲームを取り上げると言っても、やるのは1日だけ。次の日に宿題をやらないのでゲームを取り上げたら泣きまくる。

 

「宿題しないとゲームを取り上げると言ったよね。取られたくないなら自分で考えてやれよ!」となります。

 

何回もこういったやり取りを繰り返してしまい、いつまで経っても変わらないので定期的にブチ切れています。

 

奥さんもたまに凄いドスの聞いた声でブチ切れてます。

 

良いとは思いませんが、以前に私が見ていた保護者がブチ切れている姿というのは、そういった積み重ねによって生まれているんだなぁと今は感じています。

 

ただ、こどもと過ごしている中で気づいたことがあったので今回は共有させていただきます。

 

子育てに正解はないと思いますので、1つの検証結果としてご覧ください。

 

子育て歴は8年とまだまだですが、偉そうに話をさせていただきます。

 

長くなってしまいましたが、本題に入りたいと思います。同じ事で困っている方のヒントになれば幸いです。

 

 

✔︎自分の頭で考えて行動しなさい【この言葉で怒っているひとは要注意】

 

「自分の頭で考えて行動しなさい!!」と言っている人が、なぜ要注意かというと、”なぜその行動をしたか?”を聴けていないからです。

 

こどもは大人が思うよりも考えて行動をしています。

 

宿題をしないのはなぜなのか、片付けないのはなぜなのか、お手伝いをしないのはなぜなのか、と冷静に聞くと答えが帰ってきます。

 

聞いてるよ!という方もいると思いますが、あくまでも冷静に楽しく聞いてみる事をオススメします。

 

なぜなら子供達は頭が良いので親が怒っているかどうか分かります。
親が怒っていると怒られない理由を伝えます。本当の考えを聴くためには、あくまでも冷静に聞いてみてください。

 

この理由を聞かずに怒ってしまうと問題解決ができなくなってしまい、物事が前に進まなくなってしまいます。

 

実際に聞いてみると単純に忘れていたということが多いのですが、たまに自分の考えを教えてくれる時があります。

 

私の子供の場合ですと”宿題しないとゲームを取り上げる作戦”をよく使うのですが、ほぼ失敗します。

 

あまりにもやらないので「なぜやらないのか?」と聞いてみたところ、返って来た回答は「なんだかんだでゲームを返してくれるから。」でした。

 

まさかの回答に思わず笑いました。いや〜甘い大人ですみません。

 

この回答をした子供の思考を少し掘り下げると「怒られるのは嫌だしゲームを取られるのも嫌だけど機嫌が直ったらゲームは返してくれるからいいや、だから宿題するよりも今は遊んだりアニメを見るほうが楽しい」だと思います。

 

怒られたらしっかりと泣くのに、こんな事を考えているんですよ。

 

こういった風に怒られる事よりも違うことに、優先順位をおいて行動をしていることがあります。

 

でも、これって”考えて行動”していますよね。

 

この子供の考えを聞かずに「考えて行動しなさい!」と怒っても、こどもは内心「考えて行動してるよ!!」となってしまうので、解決するはずがありません。

 

この経験から私は、”自分が子供の目線になって考えられていないんじゃないか”と考えるようになりました。

 

普通のことですが、こどもは自分とは違う人間です。考え方が同じはずはないし、価値観も同じではないはずなんですよね。

 

本当に普通のことなんですが、私はここを知ったフリをして、深く考えて行動することが出来ていなかったんだと思います。

 

怒るオカン
「宿題しないとゲームを取り上げる」

 

と言っている親はゲームがこどもにとって凄く大切だと思ってます。でも本当にそれが宿題をやる理由になるか深く考えたことはありません。

 

ゲームが出来ないことよりも、今宿題をして遊べないことの方が、子供にとっては嫌なのかも知れません。

 

1時間だけ宿題をして3時間遊べば良いじゃん。は大人だけが思ってるだけかも知れません。

 

宿題を喜んでやったことなんて自分も無いので、子供がやりたくない気持ちはすごい分かります。

 

じゃあ、いくら言っても子供が言うことを聞かないとなげく前に、どうすれば子供ができるかをまずは親が考えて行動してみる事が大切なんじゃないかと思います。

 

思い通りにいかない歯痒さにイライラすることがありますが、まずは子供(相手)の目線に立って深く考えたうえで声をかけられるといいなと思います。

 

下記は私の子供が宿題について教えてくれた本音です。

 

■宿題をやらない理由
・めんどくさい
・分からない
・やりたくない
■宿題をやらないといけないと思っている理由
・学校の先生が怖い
・学校で怒られるのが恥ずかしい
■宿題をやる理由
・知らない
・先生や親に怒られるから

 

勉強しないと将来困るなんてこれっぽっちも考えていないし、宿題をやる理由すら知らない、怒られたくないとしか考えていないですよね。

 

怒られたくないんだったらやれよ!聞こえてきそうですが、怒られるよりもやりたくない気持ちの方が強いだけだと思います。

 

こどもって本当に面白いですよね。

 

 

✔︎自分で考えて宿題ができるようになる方法

 

私がいま考えて実施してるのは下記です。
・宿題する前向きな理由を作る
・毎日継続する
・大人も毎日(勉強)をする

 

1個ずつ説明します。

 

・宿題する前向きな理由を作

 

本人が頑張れる前向きな理由を作ってあげましょう。

 

やらないとゲームを取り上げるでは無く、宿題をするとゲームができる。など。

 

やっている事は同じかも知れませんが、伝え方として宿題をやることによって”自分の力で得られる物がある”という環境を作っていくと良いと考えています。

 

今やっている宿題が将来の役にたつと言われて、ピンとくる子供がどれだけいるでしょうか。

 

社会に出てあの時しっかりと勉強しておけばと思うのは、勉強した成果を感じたり苦い経験をしたあとです。

 

「大人になったら役にたつんだよ!」と偉そうに語るよりも、子供達がいま想像できる成功体験を積み上げられる環境を作っていくことが大切だと思います。

 

・毎日継続する

 

毎日何かしら宿題を用意するようにしています。

 

学校の宿題が終わったら、うんこ漢字ドリルをやるなどです。

 

なぜなら、宿題をやるのが当たり前という環境にしてしまえば良いと思ったからです。

 

大人も同じですが、ダイエットや勉強が続かないのは習慣になっていないことがほとんどの原因です。

 

習慣化する一番の方法は毎日やるです。少しずつで良いので、毎日やることを心がけてみましょう。

 

毎日SNSを見るぐらい習慣化してしまえば最強だと思っています。

 

・大人も毎日(勉強)をする

 

これは大変ですが最重要課題だと考えています。

 

なぜなら人は環境に流される生き物だからです。

 

誰も宿題していない環境の中で「自分だけ勉強しよう!」と思うのはかなりの忍耐力が必要になります。

 

怒られるかも知れませんが私が正直に思うことを書くと「勉強しなさい!」と怒っている親で勉強している人はほどんどいないと思っています。

 

なぜなら子供は親の真似をしたがるからです!

 

親が机に向かって何かを書いているのであれば一緒に書こうとします。親がお菓子を食べて寝転がっているのであれば、同じポーズで寝転がってお菓子を食べようとします。

 

こどもは自分が思う以上に親の事を見ています。

 

勉強しているわ!という方も、もちろんいらっしゃると思うのですが、そういった方はぜひ自分のしている勉強内容を子供に共有してみてください。

 

「ゴリラについて勉強したら、フルネームがゴリラ・ゴリラで血液型は全員B型だった」「〇〇について勉強したら、人に喜んでもらえた」とか。

 

実際にあなたが見ている教科書や書いた字を見せるのも効果的だと思います。

 

近くにいる大人が勉強していることほど、宿題する子供にとって心強いことはないと思います。

 

私は実際に自分が書いたブログや販売している商品を子供達に見せていますし、奥さんも11月に実施される簿記テストに向けて勉強中です。

 

子供と一緒に自分も成長できるので本当にオススメです。

 

まだ初めて日が浅いので何とも言えませんが、子供達はこの2週間ほど毎日午前中で宿題を終わらせてくれています。

 

✔︎まとめ(子育てが楽しくなる)

■自分の頭で考えて行動しなさい【この言葉で怒っているひとは要注意】

 

「考えて行動しなさい」という前に、子供が何を考えているかを冷静に聞いてみてください。

 

自分とは違った考えを持って子供達は行動しているかも知れません。

 

その時は一緒に解決方法を考えてみましょう。

 

自分で考えて宿題ができるようになる方法

 

・宿題する前向きな理由を作る
・毎日継続する
・私自身が宿題をする

 

やらないと何かが出来ないでは無くて、やれば何かができるという理由をつくり、それを毎日継続する。

 

また大人も一緒に勉強をして、勉強するのが当たり前な環境を作る。という事です。

 

少しでも時間をとって子供と話をしていると、色々と考えていることがわかって面白いなと本当に感じます。

 

こどもが普段から何を考えているのか、色々と聞いてみてください。

 

子育ては自分も成長する最高のチャンスだと思いますので、子供達と一緒にがんばっていきます。

 

今回は以上です。

 

またね〜

 

-LIFE, mind
-

Copyright© Yoshifumi Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.